看護師

緑内障は早めに予防~目のトラブル早目に解決~

早めに治す

女性

目にはあらゆるトラブルが起こる可能性があります。その中でも特に多いのが飛蚊症です。飛蚊症とは、目の前に物体や小さく浮遊しているものが見える症状を持った目の病気です。浮遊している物体の形状はそれぞれ変わってきますが、常にそれが目を通して見ることができるのが最大の特徴です。目を閉じてもこすっても物体が聞けることがなければ、飛蚊症の可能性もあります。飛蚊症の対策を行う前にその原因を把握しておくことも大切です。飛蚊症の原因は主に加齢や生活習慣といわれています。というのも飛蚊症は目の内部にある酵素が不足することで起こります。生活を行っていると目に有害物質となる光が多数あたります。それら光を受けていると、目の内部が酸化することで、硝子体の性質が変わってきます。硝子体の性質が変わると飛蚊症になってしまいます。酸化を抑えるためには酵素が欠かせませんが、酵素は徐々に減る物質のため、加齢が原因で飛蚊症となってしまうわけです。

飛蚊症はすぐに症状が重くなることはありません。ただ、放っておくと最悪失明する可能性もあります。そのため、飛蚊症になったと感じたら一度眼科に行って診てもらうことが大切になってきます。特に危険な飛蚊症になってくると、視野が欠けてくる恐れがあります。その際にはすぐに眼科に行き飛蚊症の診察を受けることも大切です。眼科に行くと眼底検査といわれる飛蚊症が危険性なものかどうか確かめることの可能な検査を受けることも可能です。