看護師

緑内障は早めに予防~目のトラブル早目に解決~

効果と危険性

医者

遠くの物を見づらくなった人の治療方法の一つとしてレーシックがあります。レーシックは現在大阪の眼科で受けることができる眼の視力矯正治療の一つです。レーシックは目の内部に角膜という部分にレーザーを送り、角膜の角度を変えて、光の屈折を調節することで、屈折異常を減らし視力の矯正治療を行う方法です。一度レーシックによって治療を行った角膜の角度は戻りませんが成功すると視力を矯正することができ眼鏡やコンタクトレンズを活用せずとも遠くの物を見ることが可能です。眼鏡やコンタクトレンズをつけることに手間を感じる人はレーシックを受けています。また、レーシックの手術そのものは約15分程度のため、あまり時間をかけずに矯正することもできる治療方法です。

レーシックは眼の角膜にレーザーを当てるために痛みが伴うのではという人もいますが、大阪の眼科では点眼麻酔を行うため、痛みはあまりありません。また、レーシックは片目ずつレーザーを当てる治療方法ですが、一日に両目の手術を行うことも可能です。レーザーの種類によっては、安全に視力を回復することも可能です。ただ、レーシックによって合併症が起こり矯正効果を得られないこともあります。そのため、リスクをよく把握したうえで安心してレーシック治療に取り組むことのできる大阪の眼科を見つけることも大切です。レーシックはその効果の高さから、矯正治療として一般的な治療になってきています。ただ、リスクがかなり高いのも事実です。大阪の眼科で丁寧に説明を受けてからレーシックの治療を受けるといいでしょう。